金沢大学
HOME > イベント

イベント

ケニア中央医学研究所との大学間国際交流協定を更新

平成30年11月9日,大学間国際交流協定校であるケニア共和国・ケニア中央医学研究所の所長交代により,大学間国際交流協定および学生交流に関する覚書を更新しました。本学で挙行した調印式には,ケニア中央医学研究所から,イェリ・イスラエル・コンベ所長ならびにエライジャ・マリチム・ソンゴク副所長が出席し,2011年に締結された協定および覚書を両機関の新たな長の署名で取り交わしました。調印に続き,今後の交流に関する活発な意見交換などが行われました。

ハノイ医科大学日本協力事務所発足式への出席

平成29年10月25日、ハノイ医科大学において、日本協力事務所の発足式が行われました。また、ハノイ医科大学の日本語コース設立に貢献したとして、当研究室の石崎有澄美助教他が表彰されました。

ベトナム保健省からの「Medal For People's Health」授与式

平成28年11月3日、ベトナム保健省より、ベトナムの医療・研究の発展およびベトナム人若手研究者の育成に多大な貢献をした専門家に授与される「Medal For People’s Health」を受賞しました。

ハイフォン医科大学「名誉教授称号」授与式

平成24年9月15日、ベトナム ハイフォン医科大学より市村教授に「名誉教授称号」が贈られました。ハイフォン医科大学とは、2007年10月に部局間交流協定を締結して以来、共同研究や研究者・大学院生の交流を深めてきましたが、今回の授賞を受け、今後両大学のさらなる発展につながることが期待されます。


「大学間交流協定:ナイロビ大学及びケニア中央医学研究所」調印式

平成23年10月4日、ナイロビ大学およびケニア中央医学研究所と大学間交流協定を締結しました。調印式にはナイロビ大学より、マゴハ学長およびオムワンド医学部長、ケニア中央医学研究所よりポケ所長等、本学より中村学長、長野理事、山本医薬保健研究域長及び市村教授が出席されました。ケニア中央医学研究所とは、2002年2月に部局間交流協定を締結して以来、共同研究や研究者・大学院生の交流を深めてきましたが、今後、両大学間においてさらなる友好関係の発展が期待されます。


ハノイ医科大学「名誉教授称号」授与式

平成23年1月17日、ベトナム ハノイ医科大学より市村教授に「名誉教授称号」が贈られました。ハノイ医科大学とは、2006年11月に部局間交流協定を締結して以来、共同研究や研究者・大学院生の交流を深め、さらに2009年9月には大学間交流協定を締結しました。今回の授賞を受け、今後両大学のさらなる発展が期待されます。

ハイフォン医科大学「名誉教授称号」授与式

金沢大学学長表敬訪問ーHPMU訪問団ー

平成22年12月2日、協定大学校であるハイフォン医科大学よりリュウ副学長、デゥエット副学長、ティン副学長等9名が来学し、3日、学長表敬を受けました。滞在期間中、金沢大学付属病院施設の見学や共同研究についての打合せが行われました。

学長表敬訪問

「KEMRI金沢大学事務所」開所式

平成22年8月2日、ケニア中央医学研究所にて「KEMRI金沢大学事務所」の開所式が開催されました。開所式では、市村教授のほか、富田病院長(金沢大学付属病院)、ポケ所長(ケニア中央医学研究所)等が参加され、テープカット、記念撮影が行われました。

「KEMRI金沢大学事務所」開所式「KEMRI金沢大学事務所」開所式

平成22年度春学期歓迎会

平成22年4月16日、「22年度春学期歓迎会」にて新メンバーを歓迎しました。今回新しく加入したメンバーは、ベトナムからのブオン博士(修士課程)、ケニアからのサイダ研究員(特別研究学生)ならびにルキア研究員(特別研究学生)、及び窪田事務員です。今回のイベントを機会に教室員同士の交流を深め、よりよい研究室となることを願っています。

平成22年度春学期歓迎会

「金沢大学医薬保健研究域ベトナムオフィス」開所式

平成22年2月24日、ハノイ医科大学中央研究施設にて「金沢大学医薬保健研究域ベトナムオフィス」の開所式が開催されました。ベトナムオフィスでは、共同研究の推進やベトナムにおける学生への情報提供などの業務を行います。

ページトップに戻る
basefooter